応答ファイルというものを利用すれば、その設定ウィザードの内容を自動的に設定させることもできる。 そんな便利なSysprep、実はRedhat(CentOS)にも似たような機能がある。それが「sys-unconfig」コマンド …

自動応答ファイルの作成. また、自動応答ファイルを作成しておき sysprep する事によって、マスターイメージの展開を自動化する事ができるようになります。自動応答ファイルの作成は、以下の記事を参考にしていただければと思います。 【Windows10】Sysprepの自動応答ファイルの作成方法 応答ファイルを使い、マスターPCをSysprepコマンドで実際に一般化してみます。簡単な作業ですが注意しなければならないことがありますので、それも含めてご紹介します。

応答ファイルについて. ※[応答ファイル]には、作成した応答ファイルのフルパスを入れます。 上記の手順を行うと、デフォルトユーザープロファイルの設定に手順4で行った設定変更が反映されます。 最後に. 自動応答ファイルには、mini setup で対話処理が必要なところを設定すればノンタッチで sysprep された OS が起動されるようになります。 新しい応答ファイル . そのため、「応答ファイル」というファイルを別途作成し、Sysprepをコマンドラインから実行する際に応答ファイルを読み込ませることで、ミニセットアップを省略する方法が多く利用されています。 応答ファイル設定に必要なコンポーネントをセットします Sysprepを実行して、キャプチャする Windows インストールを準備します。 Run Sysprep to prepare a Windows installation to be captured. クローニングでWindows10を簡単キッティング!~応答ファイルをつくろう; sysprep の自動応答ファイルの作り方; Windows7 のベースイメージを作成する (Administratorの有効化について) Windows 10(1803)で sysprep 超まとめ (監査モードについて) このトピックでは、システム準備 (Sysprep) ツールのコマンドライン構文について説明します。 Windows AIK をご利用の方であれば、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへの参加が自動化できることをご存知かも知れません。ただし、このコンポーネントは specialize パスで処理されるため、ミニ セットアップ中 (oobeSystem パス) に入力したコン …

05/02/2017; この記事の内容. C:\Windows\System32\Sysprep. Sysprepを以下のコマンドで実行するとSysprepの適用が実施されます。 sysprep.exe /oobe /generalize /shutdown /unattend:.\Unattend.xml. 無人応答ファイルで静的 IP アドレスを設定する (/mode:vm に要注意) Sysprep を実行して一般化した Windows イメージを無人応答ファイル (Unattend.xml) で自動構成する際に、IP アドレスや DNS サーバーを静的に設定したい場合があると思います。 以下のような FirstLogonCommands を使うのが、簡単な … /generalize オプションを使用して sysprep コマンドを実行すると、 イメージングおよび展開の後にそれらのサーバの役割が機能しなくなる可能性があります。 ↑ 冗長化構成の場合 † なので、冗長化構成の場合、 2台目の構築も、バックアップ・リストアでという訳には行かず、 1 この応答ファイルはキャッシュされるため、 Sysprepコマンドを実行すると、キャッシュされた応答ファイルに設定が適用されます。 Because this answer file is cached, when you run the Sysprep command, the system applies settings in the cached answer file. Sysprep のコマンド ライン オプション Sysprep Command-Line Options.