ディスクユーティリティの復元機能は、起動中のボリュームを復元(バックアップ)することはできないため、mac os x インストール cd(dvd)から起動し、ボリュームの復元を行うことで、起動ボリューム(内蔵ハードディスクなど)のバックアップをすることができる。 MacOSを再インストールする方法や手順、MacOSの再インストールを実行している時にエラー表示が出て、インストールができない時の具体例などをまとめました。再インストールができない原因ごとに適切な対処法をご紹介します。 macを使用していて、システムがどうにも起動できなくなったら、大変困りますよね。そんな時のために、macは復元システムを搭載しています。では、どうすればmacの復元が可能となるのでしょうか?ここでは、macの復元システムの使い方と注意点についてご紹介していきます。 4 ディスクユーティリティにて復元先を選択できない 5 「Mac OS X 」を「Mac OS9.2」へ上書き後、元の「Mac OS X 」へ戻すには 6 Mac OS X の CD-ROM ディスクから Mac OS 9 をインストール 今のMacはリカバリディスクは付属しませんよね?リカバリする場合、復旧領域から起動してOSXをインストールするのですが、復旧領域もOS同様にバージョンがあるのです。 今回、TimeMachineで復元しても、OSXの復旧領域は、復元されないということがわかりました。OSX Mavericksのままでしたから … Macを利用していると正常に起動しなかったり、ディスクの問題で一部が機能しなかったりすることがあります。そんな場合は「macOSユーティリティ」を利用してMacを復元するのが普通です。しかし、その肝心なMacOSユーティリティ起動ができないと、Macを復元することはできません。