概要 [編集]. 御成敗式目は武士と庶民に影響(えいきょう)を与えた法律であり、それ以後の室町幕府や戦国時代の家法(かほう)にも強い影響を与えました。※「ごせいばいしきもく」または(貞永式目=じょうえいしきもく) 御成敗式目は51箇条あります。 『中世政治社会思想 上』(日本思想大系21)岩波書店 御成敗式目全条と主な追加法のテキスト、およびその解釈が含まれている。『極楽寺殿御消息』も この本に含まれている。頭注と補注を主に参考にした。 弘長元年(1261)辛酉 御成敗式目の追加法 北条時宗嫁取り 政所火事 重時卆 読下し完了 ・現代語 完了 欠 落 弘長二年(1262) 壬戌 叡尊、鎌倉へ下向 鎌倉大仏完成カ? 北条氏の政治について説明します。日本初の武家法で、武士にもわかるよう平易な文章で書かれた「御成敗式目」。執権と並んで署名した「連署」、鎌倉幕府の意思決定機関「評定衆」、御家人の裁判を扱う「引付衆」についても説明します。 「御成敗式目」とは何なのか?作られた目的を、わかりやすく解説 「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」とは、【 1232年 】に鎌倉幕府の執権「北条泰時」によって、それまでの武家社会で道理と呼ばれていた「慣習や道徳」をまとめて制定された、武家社会のための法律です。 発展 『御成敗式目の制定と北条泰時の意図』 ー東大入試問題に学ぶ 8ー (2005年度第2問) 「さてこの式目をつくられ候ことは、なにを本説として注し載せらるるの由、人さだめて謗難を加事候か。 御成敗式目 鎌倉幕府が制定した最初の成文法である武家の基本法 典。「御成敗」は裁決の意で、裁判規範という性格を表 す。成立年号から「貞永式目」とも呼ばれる。 貞応3年(1224)幕府第3代執権となった … 日本中世史アーカイブズ : 御成敗式目はいうまでもなく、式目追加(鎌倉幕府追加法)、建武式目、二条河原落書など多くの中世文書を読むことができます。 御成敗式目 貞永 式目 現代語訳全 文 : 御成敗式目の現代語訳( 玉川学園・多賀譲治先生訳)。 追加法(ついかほう)とは、元からあった法令を補うために追加された法令を指す。. 日本法制史では御成敗式目を基本(「本式目」)として追加された鎌倉幕府・室町幕府の単行法令およびそれに準ずるものを指す。.