Wordで社内マニュアルなど長文を作成することはありませんか? 長文の執筆に時間がかけられるように、執筆以外の編集作業などに時間を費やしたくないですね。 Wordには、長文をわかりやすく管理し、効率良く作業する機能があります。 アウトラインとは、章・節・項などの一連の見出しスタイルを文章のレベルに応じて階層的に設定、表示したものです。論文や説明書など、特に全体の流れや構成が重要な長文において、文書の構成を整理するのに役立ちます。 アウトラインとは.

↑↑アウトラインボタン内にはレベルに応じたアウトライン番号が1つのセットとしてまとめられている 「リスト」が用意されています。 全体にレベル1のアウトライン番号が設定 レベルを下げたい段落を選択(Ctrlキー+クリックで複数選択) ワードで契約書や就業規則を楽に作る方法 契約書や就業規則を作るのに苦労していませんか。 例えば ・途中で条文を足したら、その後の第 条の の数を全部変更しなければならなくなった 前回説明したように、 「スタイル」は 文字書式 + 段落書式が パッケージされたものです。 実は「スタイル」の見出しなどには、 Wordの初期設定によりアウトラインレベルが あらかじめ割り当てられています。 「アウトライン」ボタン→「新しいリストスタイルの定義★1」→「書式 」-「箇条書きと段落番号」でレベルごとに書式を設定し「ok」-「ok」 ★1 ここ で 「このテンプレートを使用した新規文書」 をONにするとNormal.dotmにリストのスタイルが保存される(Word全体で利用可能) Wordの段落スタイルで見出しを設定しよう . ワードの「スタイル」は、文書全体の見た目を決定するうえでとても重要な概念です。特に「段落スタイル」をうまく活用すれば、ワードで見出しのデザインを設定する作業がとても楽になりますよ。 執筆者:井上 健語. 章や節に振る連番は「ホーム」タブの「アウトライン」ボタンから選択できるが、種類は少ない。好みのスタイルがないときは、自分で作成しよう。ここではレベル1の番号が「Chapter.1」「Chapter.2」、レベル2の番号が「1-1」「1-2」と振られるよう、新しいスタイルを作ってみる。 Word でアウトライン テンプレートおよび組み込みの見出しスタイルを使用して、文書内の見出しにアウトライン番号の種類を適用できます (見出し 1、見出し 2 など)。 Wordでオリジナルの書式セット(スタイル)を保存して繰り返し使えるようにしよう。段落にはレベルを設定してナビゲーションウィンドウで一気にジャンプ(リンク)できるようにしよう。他にも、目次やHTMLでも便利に活用できるぞ。 「Wordのオプション」ダイアログボックスが開きますね。左の一覧で「詳細設定」を選択し、次に「表示」の分類にある「下書き表示およびアウトライン表示でのスタイル名表示領域」右の欄に、20~30mm程度の数字を入力しましょう。 「アウトライン」と「スタイル」の関係 . ポイントは必ずアウトライン表示にして追加、削除を行うようにして下さい。そうでないとうま く修正されません。アウトライン表示にしてレベルの確認をお願いします。 2.条文の追加、削除を行うと自動的に番号がふりなおされる(その2) Word 2016で番号書式、このレベルに使用する番号の種類やインデントなどを設定するには、[アウトライン]ボタンの をクリックし、[新しいアウトラインの定義]をクリックします。 Microsoft Word(以下、ワード)の目次作成機能は、後から文書のタイトルや順序に変更があっても、目次に反映することができる優れもの。特に論文や説明書など、全体の流れや構成が大切な、長い文書を整理するのに役立ちます。また、目次には読み手を安心させる効果があります。