おはようございます、YO茶でございます。今日はとっても良い天気ですね!気温もそこまで低くありませんし、いい感じです。 さて、今日は自分の覚書として。 Macのバックアップ用で使っていた外付けHDDの中に入っているデータを、 Windows10の外付けHDDにコピーするにはどうすればいいか。 中古のMacbook proやMacbook Airを購入した時にオススメしたいのが、HDDからSSDに交換したり、新品のSSDに変えること。 難しそうに思うかもしれませんが、手順を一つずつ踏んで行けば難しくありませんよ! 必要な道具の準備から、データ移動まで。 hdd(ハードディスクドライブ)の交換方法について、事前準備や詳細な交換手順を解説します。hddの交換作業自体は比較的単純ですが、事前準備をしておくとさらに効率よく交換が可能です。 移行先のパソコンでデータを取り出す. 元のHDDのバックアップ; HDDの物理的入れ替え; データのレストア; 何はともあれ、データのバックアップですね。 Mac OSフォーマット領域を移行. 取り出したハードディスクは外付けhddやフラッシュメモリとほぼ変わらない状態です。 そのためデスクトップのpc(コンピュータ)を開けば接続したハードディスクのフォルダを見ることが出来ます。 以前デュアルドライブ(SSD+HDD)に換装したMacBookProのHDDを、もっと大容量のものに換装する続きです。 作業手順. パナソニック(Panasonic)のノートパソコン「レッツノート Let's note CF-S10」をHDDからSSDに換装(交換)した上で、データを移行(クローン)しました。途中トラブルも有りましたが、無事に完了しましたので、その全工程を当ブログ【マクリン】がご紹介します。 以前のパソコンは内蔵ストレージは「hdd」が主流でした。現在は古いhddをssdに変え、もしくは、大容量の10tb、12tbへの変換はよくあることです。本文はwindows が正常稼働する時と正常に起動できない場合のhddにあるデータを他のhddやssdに移行する二つの方法を紹介します。