パスワードをエクスポート Chromeブラウザーを開いて、右上の →設定 を開き、上から3番目のパスワードをクリックします。 アドレスバーに chrome://settings/passwords と入力しても、パスワードの画面を直接開くことができます。 chrome://settings/passwords パスワードのエクスポート機能はまだ開発中の機能らしいです。 Chrome安定版がバージョン67にアップデート後はパスワードのエクスポート機能が実装されていました。 Chrome Canaryでパスワードのエクスポート機能を試す Chromeのブックマーク・パスワードなどの設定は、エクスポートを行いファイルにすることで他のChromeに同じ設定をインポートして移行することが可能となっています。この記事ではChromeのブックマークなどの設定をエクスポートする方法について説明しています。 旧パソコンからパスワードをエクスポート 今回は、新パソコンで「インポート項目」が正常に表示する方法を解説 その前に、旧パソコンのChromeで保存しているパスワードとIDをCSVで保存 最新版 2018年1月版のChromeで保存しているパスワードはインポート・エクスポートできる!はこちらをどうぞ。 2017年11月版のChromeで保存しているパスワードはインポート・エクスポート パスワードを保存したくない場合は、「パスワードを保存できるようにする」をオフにしておきましょう。また、自動ログインをオフにすると、ログインするたびに確認画面が表示されます。 Chromeのパスワード管理機能はエクスポートや削除ができる Chromeのバージョン69以降は、Chromeに保存しているユーザーIDとパスワード情報のエクスポートはデフォルトで有効となっていますが、インポートは試験運用機能の「flags」で有効に設定してから行う必要があります。 Chromeのパスワード保存機能は大変便利です。 ウェブサイトのフォームに入力したパスワードを保存できる 同じアカウントでログインしている別端末で同期できる各サイトで登録されたパスワード一覧はGoogleのパスワード管理サイトからも確認 Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ を開きます。; アドレスバーの右側にあるその他アイコン をタップします。 [設定] [パスワード] をタップします。パスワードを表示、削除、またはエクスポートします。 パスワードを保存したくない場合は、「パスワードを保存できるようにする」をオフにしておきましょう。また、自動ログインをオフにすると、ログインするたびに確認画面が表示されます。 Chromeのパスワード管理機能はエクスポートや削除ができる Google Chromeではログインが必要なサイトで一度ログインした場合にログイン情報をChromeに保存してくれる機能がありパスワードなどを毎回入力する必要がなくなるので便利です。 そんなパスワード機能ですが、Chrome内で保存されるパスワードをファイルとしてエクスポートすることができます。 Google Chromeブラウザーのブックマークや保存したID、パスワード情報を、オフラインで別なPCに移行する方法です。最近はChromeブラウザーを常用している方も増え、パソコンの買い換え時や、リカバリー前のバックアップ時にChromeのデータ移行を実施するケースが増えています。 Chromeの試験運用機能から、パスワード情報のエクスポート機能を有効にします。同時に、Chromeバージョン53以降から有効になっているマテリアルデザインを無効にしないとエクスポートボタンが出てこないので無効に設定します。 パスワードを同期すると、すべてのデバイスの Chrome でそのパスワードを使用できるほか、Android デバイスの一部のアプリでも使用できます。 Chrome でパスワードの同期がオンになっている場合、パスワードは Google アカウントに保存されます。

国内外のWebブラウザシェアランキングにおいて1位を獲得し続け、高いユーザー評価を得ているChrome。 今回の記事ではこの「Chrome」のパスワードのエクスポートや、インポートの方法につい …