上流に見えるのは荒川旧流路のびん沼川と新河岸川放水路の合流点である。 2011年4月撮影の船戸橋橋名板。 昭和57年発行『大宮市史第四巻近代編』には治水橋についてこのように記述されている。挿入写 … 旧荒川にあたる場所. 荒川を掘削する前の旧流路を再現した水路だそうで幅が広くかなりの長さがあります。 この水路は荒川からくみ上げた農業用水を流していて、子供が水遊びをする場所というよりも泥や苔が入っている水路で水辺の生き物を観察することを目的とした水路なんだそうです。

大芦橋が架かる荒川の右岸側に河跡が残る。概ね熊谷市と鴻巣市の境界を成している。; 石屋下沼 - 北本市の城ヶ谷堤付近 。 旧荒川の名称が残る部分以外にもいくつか旧河道が現存する個所がある。さらに遡れば元荒川や綾瀬川 も荒川の本来の流路である。. 江遠島上江橋 【上江橋由来碑】 河川改修後の二つの河川(入間川&荒川)を越す橋名でも上江橋なんだと思いました。 荒川の昔の流路や堤防を見ると ↑よく残っていたなと通る … 現在の荒川の流路は、江戸時代初期に行われた土木事業によってその原型が形づくられました。江戸時代以前の荒川は、元荒川筋を流れ、越谷付近で当時の利根川(古利根川)に合流していました。 荒川はその名のとおり「荒ぶる川」であり、扇状地末端の熊谷付近より下流で、しばしば流路� 荒川中流域では,1858 年,1859 年,1910 年,1947 年に大規模な洪水が発生した.これらの洪水に よる氾濫流は,荒川扇状地上の比較的大きくかつ連続性のある旧流路沿いの凹地を流下している.流

旧荒川に架かっていた上江橋は.