焼き穴子のタレは、大阪で10年修行した三代目(現社長)が試行錯誤して生み出した秘伝のタレです。絶妙な甘さと香りが特徴で炭火で香ばしく焼き上げた穴子ととても良くあいます。穴子丼として白米に乗せても絶品でご飯が進みます。

2.焼き穴子を切り、耐熱皿に並べて蒲焼きのタレをかけ、レンジで約2分温める 3.丼に温かいご飯を盛り、海苔を散らし、キュウリをのせ、その上に穴子をのせ、蒲焼きのタレをかける 4.厚焼き玉子と甘酢ショウガを添え、白ごまをかけて出来上がり タレへのこだわり.
器に、ご飯を半分よそい穴子を盛り、(3)のタレをかけ、さらにご飯と穴子を盛って全体にタレを回しかける。 お好みで薬味をのせて頂く。 ※『笠原料理長のおすすめ薬味』のレシピはこちら

細かく切った穴子は食べやすく、おにぎりにしてももちろんok!アナゴご飯/中島 和代のレシピ。 ... 炊飯器に洗ったお米を入れ、アナゴ蒲焼きのタレ、酒を入れて、さらに普通に炊く水量線までだし汁を加えてスイッチを入れる 2.
<タレ>を混ぜ合わせておく。 アナゴが生の場合は、穴子をザルにのせて熱湯をまわし掛けて臭みを抜き、グリル又は網で両面を焼いてください。 アナゴが小さい場合は分量を増やして下さい。 レンジなら肉がはがれにくいので簡単に作れます。あつあげをハサミで切れば包丁不要です。甘酢味のタレが厚揚げとよく合います。 調理時間:10分 冷蔵保存:3日 人数:2人分 厚揚げ 1枚(180g) 豚バラ肉 6枚(15 >続きを読む 淡路島で炭焼あなごといえば「魚増鮮魚店」がおすすめです。お魚屋さんが経営する焼あなご屋さんです。淡路市北西部の県道31号線の道沿いにあります。お店の看板メニューは「焼穴子」です。淡路島の穴子(アナゴ)を高温で焼き上げた炭焼あなごです。