セルフスタンドで、灯油の入れ方を写真付きで分かりやすく紹介します。少量だけ入れたい人、ポリタンクを買いたい人 そんな初めての方でも簡単に灯油を入れられる記事内容です。 灯油を保管する為に200Lドラム1本を用意しましたが、消防から、容器の最大容量が、少量危険物(指定数量の5分の1以上)になるので、常に200L未満の保管であっても届出が必要と言われました。 ガソリンスタンドで少量の 灯油が欲しい場合でも 容器によっては断られます。 ペットボトルに入れたい場合は 必ず容器を自動車から下ろし、詰め替え場所として指定されている場所で行ってください。 q10)ガソリンを灯油用のポリ容器で運搬した場合に、罰則はありますか。 a)ガソリンを灯油用のポリ容器で運搬した者は、消防法違反に当たります。

灯油の正しい処分方法をご存じですか? 使いきれなかった灯油を次の冬まで保管しておくと劣化してしまうでしょう。少量であれば土に埋めることも可能だという話もあります。しかし、大量の灯油となる … 灯油用ポリエチレン缶での保管は危険ですので絶対に入れないで下さい。 山形県山形市消防 Q)軽油用のポリ容器は無いの? A)軽油も灯油と同じ規制の対象となりますが、軽油用の認定品が出回っておりません。灯油用のポリ容器に詰めることは 容器のフタを閉めて確認してから お釣りを受け取ってください。 ガソリンスタンドで灯油を少量買いペットボトルへ セルフでの入れ方のまとめ. 灯油といえば冬の代名詞の一つですね。灯油ストーブに灯油をいれて寒い冬を凌ぐのは今も昔も変わりません。灯油の運搬について紹介、運ぶ量の規制や容器なども紹介します。 今回は灯油の買い方として スタッフのいるガソリンスタンドや セルフのスタンドでの灯油の入れ方、 タッチパネルの操作など簡単に紹介します。 ポリタンクなど容器がない場合も まとめて紹介しますが 予備というか補足として ホームセンターでの灯油の購入方法も説明しました。