後期高齢者医療制度は、患者の自己負担額をのぞいた医療費のうち、国、都道府県、区市町村の公費で5割、若年者(74歳以下)の健康保険からの支援金で4割、残りの1割を後期高齢者の保険料でまかなう仕組みになっています。 まとめ 後期高齢者医療制度の財源. 【高額医療費(正式には高額療養費)制度】とは、入院や通院によって1か月あたりの医療費の自己負担額が、ある一定額を超えたとき、申請すれば、その超えた金額が、高額療養費として払い戻される、という制度です。いくら以上から適用されるかは、年齢や所得 後期高齢者医療制度の運営者は、各市町村が加入する都道府県後期高齢者医療広域連合です。 東京都後期高齢者医療広域連合のホームページ によると、高額療養費に関する自己負担の限度額は次のように示 … 後期高齢者医療制度の財源. 後期高齢者の高額医療費(療養費)はいくら以上支払ったときに申請により払い戻が受けられるのか事例を出して解説していますのでご覧ください .

後期高齢者医療にかかる費用は、患者負担を除き、75歳以上の後期高齢者の保険料(1割)、 現役世代(国民健康保険・被用者保険)からの後期高齢者支援金(約4割)および公費(約5割)でまかなわれます。