子供を自分の家に連れて行って、そのまま元の家に帰さなくなった; 以上のような行動をとると、「 違法な連れ去り 」とみなされて、子どもを元の家に帰さないといけない可能性があります。 5.合法的に子どもを連れ出す方法とは? 8 子供の連れ去り勝ちについて教えて下さい。 以前から、親権を目的とした子供の連れ去り別居が問題となって 9 別居、離婚調停中です。 妻は離婚したい。 私はやり直したい。 別居中何度か子供に会わせ … 「私が子どもを育てる」「いや、俺が育てる」そんなやりとりが、離婚する夫婦の間で繰り広げられています。子どもが可愛いのは、父親も母親も同じ。現状では精神障害などの特別な理由がなければ、母親が引き取るのが一般的ですが…。親権をめぐる争いは、まさに深刻化しています。 ハーグ条約は、親権者の元から子供を連れ去ったり、子供との交流を断絶させて親権の行使を妨げたりした場合に、連れ去りがなされた時点の常居所地へ子供を返還する義務を課すことを目的としています。 子供が連れ去られた場合、自力で連れ去り返す方法に出る方もおられるかもしれません。 しかし、そうした方法は、状況によって自力救済の禁止に該当する可能性があったり、新たなトラブルの発生があり得るため、かえって不利に働くことがあります。 このページは、子ども連れ去り当事者以外の一般の方を対象に、親による子どもの連れ去りの現実と家庭裁判所の酷い実態をお伝えすることを目的に書かれたものです。現役家裁調査官の書いた信じられない隠ぺい報告書を掲載しました。少し長文ですが、最後までお読みいただければ幸いです。