新規学卒者の初任給の年別推移をグラフにしてわかりやすく掲載(大学院・大学・高校・高専・短期大学)。このデータを参照することによって景気や雇用状況の歴史がわかる。就職や転職、投資などの参 … ここでは日経新聞の調査にみる大卒初任給の平均金額をお伝えします。 日経リサーチにてアンケート方式で集計されており、2018年の3月上旬と4月上旬の計2回による大卒初任給の調査がもとになっています。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査から大卒初任給の年次推移。 調査が始まった1968年の大卒初任給は月給3万600円。その後も右肩上がりに増え続けた大卒初任給は90年代以降、20万円前後で頭打ちとなっている。 学校を卒業してアルバイトなどではなく主業としての就業を果たし、初めて手にする給与のことを「初任給」と呼んでいる。人生で一度しか得られないものであり、多くの人にとっては一生忘れえない経験となる。他方、経済的側面ではその当時の景気動向や労働市場、給与相場、物 2018年日経の大卒初任給の調査. 【令和最新版】大卒の初任給の平均金額を紹介。大卒の初任給を手取り・男女別・企業別・都道府県別に解説しています。意外な業種の初任給が高くて建設業の初任給が少ないのは驚きました。大卒初任給の手取りは大まかに計算すると約16万円なので驚きです。 図4-1 新規学卒者初任給(男性) 1976年~2019年 図4-2 新規学卒者初任給(女性) 1976年~2019年 資料出所