電子申請(e-TAX) で医療費控除の確定申告をしていた方は、 以前から領収書の提出は不要 でしたが、 平成29年分からは、 書面での医療費控除の確定申告も領収書の提出が不要 になりました。 でも、なぜいまさら?と思いませんか? 医療費控除変更点1 領収書の提出は不要に.
医療費控除の明細書とは?医療費控除に必要な書類が変わった! 2018年から医療費控除に関する添付書類が大幅に改正されていますので2019年の確定申告の際にも注意してください。 歯医者や小児科、内科といった小さな診療所でクレジットカード決済をした場合でも、きちんとそれは医療費控除の対象?また、クレジットカードの利用明細書は医療費控除を申請する上での証明になるのか…などなど、病院などの医療費に関連する情報について、今回は詳しく調べてみました。 まずは、従来の「医療費控除」の改正点を見ていきます。(1)医療時控除の明細書平成29年分の確定申告から、医療費の領収書の提出が必要なくなりました。代わりに、「医療費控除の明細書」の添付が必要になりました。

医療費控除を受ける場合にすべきこと まずはこれまでどおり、医療費の領収書を1年を通して保管しましょう 保険適用の領収書と、それ以外の領収書に分けておくと 年明けの集計が楽になります 2月に「医療費のお知らせ」が届いたら 実は確定申告で医療費控除をする際、領収書の提出が不要で明細書の提出が必要になります。しかし、医療費のお知らせを使えば明細書の記入も必要ないのです!ややこしくて毎年頭を抱える確定申告。このサイトを見てミスのない確定申告をしましょう! 医療費控除の明細書とは 平成29年度からの改正により、医療費控除を受けるときには領収書は必要がなくなり明細書の添付が必要になりました。領収書の提出はしませんが、5年間保存することが義務付けられています。
この医療費控除、前回(平成28年分)までは領収書の添付(e-taxの場合は手元保存)義務がありました。 それが今回(平成29年分)から、方針変更されました。 従来の領収書に代えて健康保険組合等から発行される医療費の明細書となりました。

医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成(注1)し、確定申告書に添付してください。 医療保険者から交付を受けた医療費通知(注2)がある場合は、医療費通知を添付することによって医療費控除の明細書の記載を簡略化することができます。