医学部の地域枠は入りやすいといわれています。しかし、普通の一般入試と違って、メリットやデメリットがあるのです。この記事では、地域枠とは何かに始まり、そのメリットやデメリットについてまとめたいと思います。医学部の地域枠とは?医学部の地域枠とは 医学部地域枠入試制度は国公立や私立など大学の種別にかかわらず、全国60を超える大学で実施されています。 医学部地域入試制度は一般入試に比べて難易度が低い傾向にあり、奨学金の貸与など金銭面で有利な条件が多々あります。 2.2 国公立大学医学部の難易度; 3 私立大学医学部を目指す. こんにちは。今回は地域枠を利用して医学部編入を受験する方が知っておくべきことについてお話します。編入受験生としましたが、一般受験生にも当てはまる内容だと思います。地域枠を使うと実際かなり有利に受験を戦えますし、僕も地域枠で合格しました。 3.1 学費が安い大学ほど医学部ほど難易度が高い; 3.2 医学部受験の地域枠なら学費が無料?ただし条件付き; 4 再受験や編入試験で合格を目指す 医学部受験生の中に地域枠に感心を持たない受験生がいることと、 卒業後の制限を嫌う医学部受験生が少なくないこと、更には募集定員が 少ないことから地域枠の志願者は少なく、一般的に医学部入試で地域枠は 一般枠に比べて入試難易度は低くなります。