五虎湯 (ごことう) 体力中等度以上で、せきが強くでる方のせき、気管支喘息など: 神秘湯 (しんぴとう) 体力中等度で、せき、喘鳴、息苦しさがあり、たんが少ない方の小児喘息、気管支喘息など: 苓甘姜味辛夏仁湯 (りょうかんきょうみしんげにとう)

乾いたせきによく使われます. 五虎湯(ごことう)と体質 漢方薬では、その人の見た目や症状を重要視します。検査値だけではなく、患者さんの様子から「どの薬を使用するのか」を決定するのが漢方薬です。五虎湯であれば、次のような人が有効です。 ・体力が中等度以上

五虎湯:喘鳴と咳漱が強く、口渇、発汗があります。(熱性の咳) 小青竜湯:痰が多く、噛息のある咳(寒湿の咳)。 【解説】 麦門冬で肺胃の陰液を滋潤して熱を冷まし、粳米・大棗・甘草・人参で補気健脾・清津して麦門冬を助けます。

広く咳の治療に用いられる古典的な処方です。 比較的体力が低下した、咳により顔面紅潮する人で、口やのどが乾燥してイガイガし、痰があまり出ない乾いた咳がコンコンと続くようなとき、あるいは切れにくい痰をともなう咳、空咳などに使われます。 呼吸器を潤す麦門冬(バクモンドウ)、痰を除く半夏(ハング)呼吸器機能を高める人参(ニンジン)、消化器機能を亢進する甘草(カンゾウ)・粳米(コウベイ)で構成され … 五虎湯は冷ます漢方薬なので、お腹弱い人注意です。 下しちゃうかもしれない。 あと寒気出てきたらやめてね。 簡単には、こんなところかなぁ? 必ずしもコレ!!じゃないし… 風邪の中盤でも潤い不足のから咳だったら麦門冬湯の時もありえるし、、 古くから、咳が続くときに用いられた薬.