今回は、ブロッコリーのなかでも葉っぱに注目してご紹介します。そもそも食べられるの?栄養面はどうなの?どんなレシピがあるの?あなたの疑問に、すべてお答え!きっと、今まで捨てていたことを後悔することでしょう。 macaroniの公認コミュニティー「マカロニメイト」が、オリジナルレシピやライフスタイルを紹介する記事を毎日お届け。今日は、料理ブログ「ちょりまめ日和」も大人気のちょりママさんが、彩りが良くて栄養満点なブロッコリーを使った簡単レシピを教えてくれるそうですよ〜!

ブロッコリーは栄養豊富な野菜で知られていますが、実は茎の方が栄養があるってご存知でしたか?ブロッコリーの茎を使った簡単なレシピや食べ方、皮のむき方や切り方、保存方法もご紹介していきます。ブロッコリーの茎を使って栄養満点の料理を作りましょう! ブロッコリーには、たくさんの栄養があるので、風邪がひきにくくなるといったことや生活習慣病の予防、ダイエット効果などが期待されている野菜です。 ですが、このブロッコリー。調理の方法によっては大切な栄養素がどんどん逃げて行ってしまうんです。 「栄養が逃げないブロッコリーのゆで方」の作り方。2014.12.02検索ランキングトップ1012.31「栄養」の検索ランキング1位入りしました。ありがとうございます。 材料:ブロッコリー、水.. ブロッコリーの茎は捨てていませんか?実は茎のほうがつぼみよりも多く栄養が含まれています。とは言っても調理法がわからなければつい捨ててしまいがち。ブロッコリーの茎の調理法やレシピをご紹介します。今日からさっそくブロッコリーを使いこなしましょう。 ブロッコリーは好きですか?茹でても炒めても美味しいブロッコリーにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。ブロッコリーの栄養とおすすめの食べ方やおすすめのレシピを紹介します。鮮度を保つための正しい保存方法も参考にしてください。 ブロッコリーは、単身赴任中のあなたにピッタリの、栄養価の高い緑黄色野菜です。ビタミンcやカロテンに加えて、癌のリスクを抑える働きを持つ成分も含んでいる優れモノ。そんなブロッコリーは、フライパンを使えば誰でも失敗せずに、短時間で美味しく調理することが出来ます。