【事例12】ネット上の 誹謗中傷 (ひぼうちゅうしょう) 保護者のみなさまへ この資料は,東京書籍発行の 「子どもたちのインターネット事件-親子で学ぶ情報モラル-」 に掲載されている事例から12事例を選び,小学校高学年向けに書き直したものです。 中国:ネットで「殺し屋」手配、「殺人依頼」事件が増加 . ネット掲示板に犯行予告を書き込むと何罪? 秋葉原での無差別殺人事件の発生以降、インターネットやケータイの掲示板サイトで、殺人や爆破などの犯行予告の書き込みが多発しています。このような書き込みはたとえいたずらであっても罪に問われます。 今日ニュースを見ていて驚いたのですがインターネットの復讐サイトを使った不倫を理由に殺害依頼事件がありましたが犯人(探偵?)が捕まったきっかけが依頼した女自ら警察に騙されたと相談して発覚したと聞きました。それって自分が相談 座間市の連続殺人事件を受けて、政府は再発防止に向けた対策を行うと明言している。それでは、どのような対策が可能なのか。筆者のこれまで� 2)依頼者であるaの罪 aがbに依頼・指示したとすることが証明されるのであれば、教唆犯(§61)が適当です。 教唆の関係が明らかで、結果(既遂)ということであれば、条文どおり正犯としてbと同じく殺人罪に問われます。 以上が日本の法律の決まりです。

2015年3月20日(金) 10時45分(タイ時間) Tweet 【特集】中国. 「ネットから殺人、特殊ではない」人気ブロガー殺害事件が示したもの 会員限定有料記事 毎日新聞 2019年11月11日 21時40分 (最終更新 11月12日 09時14分)