ドイツの面積は東西統合により36万㎢となりましたが日本よりやや狭い国土で、人口は約8200万人とロシアを除いては ヨーロッパ最大 になっています。 ゲルマン系ドイツ人の国で、宗教的には キリスト教が中心 ですが カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)の割合はほぼ半々 です。 ちなみに私たち日本人がイメージする細長いソーセージは主に中部ドイツ、南ドイツのソーセージです。 北ドイツではソーセージと言えばハムのようにスライスして食べるスライスソーセージが一般的。 豚肉調理に欠かせない香辛料の流通. ドイツはソーセージの種類が1500以上も存在するという「ソーセージの国」で地方やお店によって作り方も味も食べ方も多種多様。皆さんにドイツで美味しいソーセージを味わっていただきたく、食べられる場所やおすすめソーセージなどまとめました。 ドイツ人とソーセージは切っても切れない関係であり、肉屋には何種類ものソーセージがぶら下がっています。記事では、ドイツの食生活に欠かせないソーセージについて、代表的な種類とその特徴、おすすめのお店について紹介します。 だから、ドイツ人がソーセージをこよなく愛しているということを信じられないという方もいるかもしれません。 しかし、ソーセージ作りの歴史は定かではありませんが3500年ほども前といわれています。その長い間、成熟し愛されてきた歴史ある食品です。 ドイツ人とソーセージは切っても切れない関係であり、肉屋には何種類ものソーセージがぶら下がっています。記事では、ドイツの食生活に欠かせないソーセージについて、代表的な種類とその特徴、おすすめのお店について紹介します。 日本在住のドイツ人禅僧ネルケ無方さんは著書「曲げないドイツ人 決めない日本人」で、ドイツ人の食生活をこう評しています。 日本から見たら非常に貧しい食卓です。たぶん日本の刑務所のほうがおいしい食事が出ているのではないかと思います。 今日、ルーシーとプチェコが向かったのは佐賀市の三瀬村。 「イブスキ大スキー」さんから情報が届きました。 「佐賀にある、いぶすき。ご存知ですか? ドイツの人口が約8000万人で、日本が1億2000万人ということを考えると、日本に比べて一人あたり5.5倍近く豚肉を食べている。 そんな豚肉大好きドイツ人の豚肉への情熱はソーセージだけに留まらない。 ドイツ人はケチだ。消費や支出には慎重で、財布のヒモが非常に固い。本質的にケチで、筋金入りのケチである。太陽や水に恵まれている南方系民族とは心構えが違う。幼い頃から立派な倹約教育を受け、本能的に計算をする習慣を身に着けていて、生活のすべてが損得の原理で動いている。 今日、ルーシーとプチェコが向かったのは佐賀市の三瀬村。 「イブスキ大スキー」さんから情報が届きました。 「佐賀にある、いぶすき。ご存知ですか? ドイツ人も唸ったハム・ソーセージ工房の店主をリサーチせよ! 指宿 徹さん 佐賀県 佐賀市三瀬村. ソーセージを愛するドイツ人が選ぶ、日本の美味しいソーセージ ドイツでは慣用句としてよく使われるほど、古くから身近な存在であり、広く親しまれてきたソーセージ。ソーセージへの愛を聞くと、どうしても美味しいソーセージが食べたく […] その起源は、はっきりしていませんが、3000~3500年くらい前から始まっているようです。ローマ時代には種類も増え、古代ローマ人は、ソーセージを非常に愛し、お祭りに出されるほどでした。ソーセージ王国と言えばドイツ、でもなぜドイツなの?皆さ・・・ フランクフルトソーセージという名前 に なっているのか、 私も主人も、目が点になって、 早速知り合いの、ドイツ人に聞いてみたの。 そしたら、このソーセージの名前については 面白い由来が、あるん … ドイツ人も唸ったハム・ソーセージ工房の店主をリサーチせよ! 指宿 徹さん 佐賀県 佐賀市三瀬村.