mvpは、間違いなくトンプソン・ルーク・スカイウォーカー その人であります。 彼は 帰化 して、日本人であり関西人であり、そして何を隠そう、

まずはトンプソン ルーク選手の経歴を紹介します! 1981年4月にニュージーランドで生まれる; 2004年に来日し、近鉄ライナーズで活躍; 2007年から選出されたW杯に3大会連続で出場; 2010年7月に日本国籍を取得; 2015年、読者が選ぶワールドカップMVPに選出 2020/1/19 日本ラグビー界で、最も愛される外国人選手の1人であるトモさん、こと、 近鉄ライナーズの トンプソン ルーク選手のラストゲームが行われました。トモさんの最後の雄姿を見ようと、トップチャレンジリーグにしては異例の15,000人以上の観客が詰めかけました。 ラグビー好きたちがw杯2015大会で、ジャパンのmvpに推していたのがトンプソン ルークである。ボール獲得の最前線で常に体をぶつける38歳の仕事人は、w杯4大会連続出場と初のベスト8進出を果たした。たたかいを終えたいま、日本代表への思い、そして今後の人生を語る。 19年9月に開幕するラグビーワールドカップ。日本代表候補として選ばれたトンプソン ルークは、10年に帰化した38歳。関西弁を操る彼の活躍に日本代表の命運がかかっている。 クレイ・アレキサンダー・トンプソン(Klay Alexander Thompson 1990年 2月8日- )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州 ロサンゼルス出身のバスケットボール選手。 NBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属している。 ラグビー元日本代表でワールドカップ(w杯)4大会連続出場のトンプソン・ルーク氏(39=近鉄アドバイザー)が、近鉄の後輩で13年に24歳で死去した中井太喜さんの名を記した「中井カップ」を創設して …