それとメインギヤのまわりにもけっこう水滴があったのでよく乾燥させたほうがいいね 今やダイワの標準的な防水機構として採用されているマグシールド。 前回の記事で17セオリーを分解してみて、それまでは全然無頓着であった防水機構について思ったことを書いてみます。 【実際にマグシールドを分解してみた際の記事】 マグシールドとは

ダイワの2019年新製品として登場したltコンセプトのエントリー~ミドルクラス帯汎用スピニングリール。 この価格帯のリールは特に軽さがウリになっている物が多いのですが、今回「タフさ」をウリにしたlexa(レグザ)がラインナップに追加されました。

ダイワのサイトに普通にありました。でも。シマノは最初から分解図が箱にセットなのに,ダイワはやっぱりマグシールド分解をしてほしくないのか,入っていませんでした。まあ,とにかくあったわけですが,シマノより印刷が不鮮明です。視力のよくない僕には辛いですよ,これ。 忘れたらdaiwaのhpにこんなのがあるので 参考にどうぞ ・リザルト150分解図リスト .

1月28日(日) 土曜日は日中仕事、夜は飲み会が有って志摩のホテルでお泊まり、翌日は鳥羽へ寄って牡蠣を買って 帰って来いというお代官様の指示も有り、この日は出船をあきらめインドアでかねてから計画してた シーボーグ200J-DH-Lを分解してメンテナンスを行うことにしました。

分解清掃注油が終わったら、逆の手順で組み付ける.

ダイワのマグシールド機を分解する場合、いつものメンテナンス道具に加えて「星型ドライバー」が必要となります。 一部のネジが星型になっていて、通常の+−ドライバーでは回すことができないように … ダイワ19レグザのカスタムに関する記事です。内容はラインローラー、ハンドルノブ部のベアリング追加によるフルベアリング化。そして、ハンドルノブ交換、ハンドル交換、リールスタンド取付です。