オスはメスを追いかけて、体をこすりつけたり、腹部をつついて、卵を出させようとします。 気性が荒いオスはメスへの追尾行動がすごく、しつこく追いかけ回すことがあるので、メスがストレスを感じないように隠れ家になる水草をいれてあげてください。 2000匹の稚魚を産むタツノオトシゴのオス オスが自由に動き回る小さな稚魚を出産するころには、メスは「次の卵を準備」しており、すぐにまた交尾を行う。 生き延びたオスだけが雄叫びを上げられる、とも言えるのです。 オスなしでも産めるメス。その卵には2種類あります 一方、オスと違い、卵を産めるメスは重宝されます。メスの寿命は10年~20年ほどで、卵を産める期間は7~8年。 種鶏場は、たまごではなく、 たまごを産むためのニワトリを育てる場所 です。 種鶏場でオス鶏とメス鶏が交尾し、有精卵(ひよこが孵るたまご)がメス鶏から産まれ、それを孵化させてメスのひよこを育て、鶏にします。 卵を産むのは雌のみです。有精卵は、受精させている卵です。無精卵は、長年の品種改良によって、受精しなくても卵を産むことが出来ますので、雄鶏を一緒に飼わなければそのまま「無精卵」を産み続け …