大豆イソフラボンは良い働きがある反面、過剰摂取は子宮内膜症や乳がんの発症と再発リスクを高めることが示唆されています。そこで、大豆製品の一日の目安量や大豆イソフラボンの働きについてご紹介 … イソフラボンの過剰摂取で乳がんになるといわれていますが、実際に大豆イソフラボンには癌を抑制する効果もあるのですね!正しい知識で摂取してくださいね。 イソフラボンは乳がん発生率減少と関連. アンケートの「みそ汁」、「大豆、豆腐、油揚、納豆」の項目から大豆イソフラボンの摂取量を計算し、乳がんとの関連を調べました。 乳がん患者に多いと言われる女性ホルモンが大豆を接種したためという証拠もなく、 サプリメントで過剰摂取したためではないか という見解もあります。 現状では一概に大豆イソフラボンのせいとは言い切れないという状況です。

この過剰摂取による被害は、 人工的に大豆イソフラボンアグリコンを過剰摂取することで、 女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、エストロゲンの分泌が乱れてしまいます。 そのため乳がんなどの危険性が高くなります。 女性に嬉しい大豆イソフラボンですが、1日どのくらいの量を摂取したらいいのでしょうか。何をどのくらい食べるのが良いのでしょうか。大豆イソフラボンを過剰摂取した場合の副作用にはどんなものがあるのでしょうか。今回は、大豆イソフラボンの適度な摂取量