1日または1週間の労働時間および1か月の所定労働日数が、通常の労働者の4分の3以上の人 なお、短期アルバイトのように、2カ月以内の契約期間で雇用される場合は、上記の条件を満たしていても事業所の社会保険は適用されません。 人事労務q&aには、「変形労働時間制の場合、有給休暇の賃金はどう算出すればいいですか?」など業務の悩みを解決する情報が満載!エン人事のミカタは【エンジャパン】が運営する、人事のための総合サ … 【社労士監修】2019年4月から、有給休暇は該当する労働者に必ず取得させることが決まりました。パートとアルバイトも例外はありません。本記事では、これまで有給を与えてこなかった会社でもわかりやすいように、有給についてまとめました。有給休暇の整備にご活用ください。 労働基準法第32条に基づいて、1週間で40時間が法定労働時間ですから、30時間就労して、1ヶ月の法定労働時間が30日で171時間、31日で177時間ですから、1ヶ月120時間から130時間就労すると加入する事に成りますので、使用者が負担する保健料金を嫌がって社会保険法違反をやるのです! アルバイトであっても社会保険の適用事業所で勤務した場合、「1日または1週間の所定労働時間」と「1ヶ月の所定労働日数」が、正社員の4分の3以上であれば、社会保険に強制加入となります。 アルバイトの収入は4万円弱が平均値となっています。 時給を950円で計算すると、月の労働時間は約40時間。 「1週間に3~4時間のバイトを3日入る」 あたりの学生が多くなります。 ちなみに、アルバイトの最低時給は都道府県によって異なり、